出会いを実現するツーショットダイヤル

ツーショットダイヤルは電話を使った双方向の会話サービスのこと

ツーショットダイヤルは電話を使った双方向の会話サービスのことで、1990年代には既に普及拡大したのが特徴です。
名前の由来はデート、あるいは2人切りを意味する俗語のツーショットで、文字通り2人だけで会話を楽しむことができます。
通常の電話との違いは、男性側が有料回線を用いて電話を行い、女性はフリーダイヤルで通話できるというものです。
また、面倒な操作が不要で、電話のプッシュ操作を行うことで通話が始められることもポイントです。
元々は風俗店で同様のサービスが流行りましたが、このツーショットダイヤルの登場によって、自宅からも利用できるようになりました。
1990年代から2000年代初頭に掛けては、面識のない男女が思い掛けない出会いを楽しめるとして、一気に人気が高まっています。
しかし、急激な普及によって社会問題が起こったことから、運営の規制が始まって利用者が減少に転じ、やがて衰退して提供業者も減りました。
ところが、2002年にドコモが携帯電話を使った新しい会話方法を開発したことで、再び注目が集まります。
この技術は、携帯電話のWebアクセス機能を用いて、画面上の写真を見ながら会話を楽しめる仕組みです。
年齢確認が義務化された結果、一般女性の利用者が殆どいなくなったことから、オペレーターを用いたサービスの提供や、ニッチなマニア向けのサービスが登場しています。
携帯電話のテレビ電話機能を使ったり、動画を見ながら会話が楽しめるなどで、今でもツーショットダイヤルには根強い人気があります。
スマートフォンの登場やIP電話の対応など、時代の変化に合わせて対応を続けているのも魅力です。

最初の就職が着エロDVD制作会社で次がツーショットダイヤル…。
好きなことやってきたんじゃないのかコイツは。
好きでもないのにそんな職業就く?https://t.co/TI9ipr9J4d

— テキサスチェーンソー (@Goddesssfavor) 2019年5月5日

ツーショットダイヤルは電話を使った双方向の会話サービスのこと /ツーショットダイヤルの強みは利用手順が簡単で直ぐに相手と会話できること /現在でも根強い人気があって利用者が少なくない

出会い系マッチングサイト / ツーショットダイヤル最強のデータベース「2ショットSDB」